主観的なアングルの作品

主観的なアングルの作品

客観的な視点から撮影しているAV動画よりもハメ撮りのように主観的な視点から撮影してあるAV動画の方がよりエッチだなぁと感じるのは私だけではないと思います。

 

何だかんだ言っても主観的なアングルで撮られている作品というのはあたかもその女性と自分がエッチをしているような感覚になりますからより興奮するというのは当然ですからね。

 

やっぱり、AV動画に出演しているような美少女とセックスできる男というのはほんの一握りになってくるわけですからそういった美少女と自分がセックスをしているという感じの疑似体験ができる作品が人気になるのは無理もないかもしれません。

 

それに最近ではVRのAV動画というのもあったりするわけでそれが人気になっているということはよりリアルにセックスをしているかのような映像を求めている人が多いということになってくるのでしょう。

 

やっぱり、美少女とのセックスというのは男の夢だったりしますからね。

 

となるとこのままいけば将来的には視覚的にはVRでセックスをしている映像を見ながら他方で下半身を自動で刺激してくれるようなマシーンが発明されてくるのかもしれません。

 

基本的にAV動画というのはあくまでも視覚的な興奮を得るための道具でしかありませんから下半身を刺激するためにはまた別の道具が必要になってくるからです。

 

もちろん、今はTENGAとかがあるわけですがそれはあくまでも自分で動かして刺激しないといけないわけでそれだと実際のセックスとは程遠いものがあったりしますからね。

 

なので、よりリアリティのあるセックスシーンを楽しみたいということを追求していった先には自動で動くオナホール付きのダッチワイフみたいのが登場するのではないかと思うわけです。

 

 

TOPに戻る

 

2020年9月17日更新